« 結局 クイーンアラベスクも白点病ですかね・・・ | Main | アクアリウム:白点病に焦りは禁物とはいえ・・・ »

March 31, 2012

hydorバイオフローS とプレコの白点病の経過

 Aqua_20120331_01
 【hydorバイオフローS:スポンジがついたモデルです。】

先日購入予定をお伝えしていた”hydorバイオフローS”が届いたので
早速、エーハイムエココンフォート2236のオーバーフローパイプ
(排水パイプ)に取り付けてみました。

 Aqua_20120331_03
 【Sとはいえ結構大きめなので取り付けに場所を取ります。】

 Aqua_20120331_04
 【上手く設置できました!時計のように回る姿が良い感じ】

前回ご紹介した"フロー回転式ディフレクター"にちょうど星形の
スポンジを付けられるように耳を付けたモデルで、比較すると
共通のパーツを使っている事がよく分かります。

 Aqua_20120331_02
 【耳にスポンジを取り付けるようにできるか否かの違いのみ】

設置場所に余裕があるのであればスポンジ付きのバイオフロー
が良いと思いますが、エーハイムの吸盤でオーバーフローパイプ
を固定することを考えるとガラス面との接触スペースの関係で
スポンジのつかないタイプの方が設置しやすい面もあります。
おそらく好みの問題かと思いますがどちらも排水の流力を
利用してギアを回す機構でみていて水車のようで面白いですよ!

さて、白点病の闘病経過ですが、まだまだしっかりと白点が
確認出来ます。

 Aqua_20120331_05
 【はっきり白点なブルーフィン・パナクエ】

クイーンアラベスクはやはり写真にとって画像を拡大して
みないと体の模様の関係で分からないのですが、写真で
拡大してみればある程度ハッキリと白点の異物が体表に
付着しているのが確認できます。

複数枚写真をとったので、クリック拡大で観察下さい。

 Aqua_20120331_001
 【クリックで大きな画像になります。】

 Aqua_20120331_002_2
 【クリックで大きな画像になります。】

 Aqua_20120331_003
 【クリックで大きな画像になります。】

 Aqua_20120331_004
 【クリックで大きな画像になります。】

 Aqua_20120331_005
 【クリックで大きな画像になります。】

事の発端はクイーンアラベスクとの混泳にある可能性も
ありますので、とりあえずクイーンアラベスクはブルーフィン・
パナクエとは別のトリートメントバケツ側で薬浴を行っています。
こちらはうちに来て間もなく餌慣れさせる前に薬浴状態に
なってしまったので、餌抜きによる体力の消耗がちょっと心配です。

前回の白点病の経験から少なくとも一週間は治療に必要なので
まめに様子を見て水の入れ替えを行うことで対応していきたいと
思います。

|

« 結局 クイーンアラベスクも白点病ですかね・・・ | Main | アクアリウム:白点病に焦りは禁物とはいえ・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 結局 クイーンアラベスクも白点病ですかね・・・ | Main | アクアリウム:白点病に焦りは禁物とはいえ・・・ »