« 蒼と碧のブルーフィン | Main | アクアリウム:プレコ・プレコ・プレコ♪ »

February 28, 2012

アクアリウム:夜の水槽の様子

先週末は都心に東京マラソンを見に行ったりしていまして
ブログアップをついつい忘れておりました!
と言うことで、平日ですが水槽の様子をご紹介。

今日は、熱帯魚を飼っている人にしか分からない夜の熱帯魚の様子を
ご紹介しましょう。魚は目を閉じることがないので、寝ている魚は目を
開けたまま、ジッとしています。しかも多くの魚は寝るときは体が色白になる
んですよ。この色抜け状態は魚の種類によって度合いが違うのですが
アピストとかは結構白くなるので初めは結構驚く人もおおいのでは?っと
思います。

(ちょっと良い絵が撮れなかったのでまた次の機会に紹介しますが
 60cm水槽の小さなブルーフィン・パナクエは真っ白になって
 ホント別の種類のプレコに見えるほどですよ)

さて、そんな一般的な魚の習性に反し「寝る」ということを人間らしく
おこなってくれるのが、このクラウンローチ。

うちには良く育ったクラウンローチが二匹いるのですが、いつも
プレコシェルターに仲良く二匹で押しくらまんじゅうの様にして
重なって横になって寝ています。尾びれをひらひらさせながら
寝ている姿がほんと愛嬌抜群ですよね。このクラウンローチは
白点病さえ気をつければ、なんでも餌を食べる丈夫な魚で
人にも慣れますので愛嬌抜群ということもあり熱帯魚初心者の
方にお勧めですよ!

 Aqua_20120228_01
 【魚なのに横になって寝る姿が不思議なんですよね〜】

さて、「夜の水槽の様子」と題したのは夜にしか姿を見せない魚が
いるんです。それは、この綺麗なインペリアル・ゼブラプレコです。
このプレコ昼間は流木の物陰やプレコシェルターに隠れています。
どうやら縄張りがあるようで夜は必ずお散歩に出かけ、シェルターを
留守にするのですが、(その間クラウンローチにシェルターを取られて
しまうのですが・・)朝になると見事に同じシェルターに戻っているんです。
(クラウンローチは朝は活発に泳ぎ回っていますので上手く住み分け
してる様です。)
これが毎日同じシェルターに戻っているので、なにかの習性がありそうです。
折角こんなに綺麗なのに、昼間はシェルターの中にいる姿しか見られないのが
残念なんですよね。そういえば朝も餌をついばんでいる姿を見たことがないので
・・一体なにを食べて生きているか謎ですが・・・もう二ヶ月以上元気に
育っているので大丈夫なんでしょうね。 そうそうこのプレコ、成長が遅いと
言われているのは体感的にもその通りで、もう家に来て二ヶ月以上経って
いますが少し丸くなったかなぁ〜程度の成長です(^o^;; 繁殖を狙える
大きな成魚がより高価なのがよく分かる成長ゆっくりペースなお魚ですw

Aqua_20120228_02
 【夜になると決まって出てくる不思議な習性】

さて、その姿に惚れてしまって追加で二匹迎えたブルーフィンパナクエ。
すっかりトリートメントボックスが住処となるべく暮らしております。
色々な人工餌を与えてみましたが、すべて×な結果に。
一晩経っても食べてないんですよねぇ・・全く。
結局、飼い主として出来ることは流木を買い足してあげるくらいで・・。
流木を食べている事は確かで、毎日糞があるていど確認できます。
ただ餌が流木だけにそれほど栄養価は期待できず・・
ホント大丈夫かなぁ〜っと心配する日々です。

Aqua_20120228_03
 【アクを抜いた流木を少し追加しました。】

Aqua_20120228_04
 【ほんと不思議なくらい餌に見向きもしないんです(汗】

そうそうブルーフィンパナクエの調子は毛づやで分かるんですよ〜
調子があがってくると金色に輝く毛が見えてきて、絶好調状態になれば、
たてがみの縁取り部分や体のフチが金色に輝く線が入るんです!

金色の輝きが見られる時が魚の調子も良く、見た目もカッコイイのですが・・・
トリートメントボックスの二匹は状態を維持するのが難しく、毛並みが良い
日もあれば、数日経つと輝きを失って・・焦る!ってな具合に試行錯誤を
繰り返すこの頃です。トリートメントボックスは濾過が弱いので、白点病に
ならない様に水替え頻度が高めなんですよね。これだけは色々な要因が
あるのでしょう。 しばらく観察して良い環境に仕上げてあげたいものです。

|

« 蒼と碧のブルーフィン | Main | アクアリウム:プレコ・プレコ・プレコ♪ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 蒼と碧のブルーフィン | Main | アクアリウム:プレコ・プレコ・プレコ♪ »