« アクアリウム:最近の水槽の様子 | Main | 皆既月食をハッキリ見たのはこれが始めてかも?! »

December 04, 2011

アクアリウム:魚病治療の難しさ

最近の朝夕の冷え込みに思わず風邪を引いてしまいました(^^;;

不思議なことに自分が風邪を引くタイミングは水槽も調子が悪く
なることが多いんですよね・・・。先日60cm水槽の数匹のコリドラスの
ヒゲや腹びれが白くなって病気が発生してしまったので、魚病対策を
あれこれ考えていたのですが、60cm水槽は既に水草が綺麗に茂った
状態であり、且つ魚の数も多いので全てを隔離できる水槽も用意できず。
いつもの薬、グリーンFゴールド顆粒が使えない状態だったのです。
(この薬は水草を枯らしてしまうらしいんですよね。)

そこで"水草に安心"で水カビ病にも効くという「アグテン」という薬を
新たに試してみることにしました。水槽への薬の投入を丁寧に行えば
良かったのかもしれませんが、思わずメチレンブルーのノリでフリフリ
して水槽に投入してしまったんです。

夜中に水槽を見てびっくり!お気に入りだったコリドラス・セミアキルスが
真っ白に血の気をなくしていて、ふらふら状態。こりゃダメだ・・っと急遽
水槽の水を半分ほど換水。 特にコリドラス・セミアキルスだけ隔離して
水替えを行ったのですが時既に遅し、翌朝☆となってしまいました。

後々調べてみるとメチレンブルーなどに比べるとアグテンは魚毒性が
強い薬ということが分かり、深く反省。コリドラスのたぐいは薬毒に弱い
んですよね、コリドラス・セミアキルスに濃い状態でかかってしまったの
かもしれません。もっとよく考えて丁寧に処方をすべきでした。
ホント可哀想な事をしてしまいました。

とは言え、その後も60cm水槽は調子が悪いようで今日もコリドラスが
一匹☆になっており、今後何らかの手を打つ必要があるんですよね。
再度、アグテンを投入すべきが悩んでいます。

さて、そんな60cm水槽でアピストグラマ・バエンスヒのペアが産卵モード
に入った事を先日お伝えしておりましたが、最近このアピストグラマ・
バエンスヒのメスが真っ黄色と黒の縞模様になって、完全に産卵モード
になりました。(体の色が驚くほど黄色になるので産卵期が分かりやすい
んですよね。)
しかし、このメスが卵を守るためにかなり攻撃性が増していて、
体の大きさが3倍以上もあるコリドラスやクラウンローチを
突っついて巣をまもり巡回しています。

 Aqua_20111204_03
 【とても綺麗なアピストグラマ・バエンスヒのオス】

 Aqua_20111204_04
 【巣(ミニ土管)を守るアピストグラマ・バエンスヒのメス】

やっぱり、産卵して稚魚を育てる環境として考えるならば
アピストはペアの単独飼いがベストですね・・・コリドラスが
☆になっているのももしかするとこの激しい攻撃にも関連性
があるかもと思えるほどの執拗な追い回しなので、こちらも
対策が必要そうです。

さて、そんな60cm水槽が大変な事になる前のタイミングで、
思わず迎え入れてしまった魚がいます。そう、あのナイルフグこと
テトラオドン・ミウルスです。新しいお店を見て回っていたら、
偶然見つけたんです。この夏ナイルフグをずっと探していた
のですが最近まったく売られていないんです、アフリカのコンゴ川
なので輸入されていないのかもしれません。このお店の
ナイルフグも随分前に入ったものとのこと、状態もかなり
よかったのでお店で悩んだ末に思い切って家に迎えることに。

 Aqua_20111204_01
 【ナイルフグことテトラオドン・ミウルスです。】

Aqua_20111204_02
 【テトラオドン・ミウルスは普段は砂に潜っています。】

このナイルフグを迎えた後に60cm水槽の悲劇だったんですよね。
今思えばナイルフグも過去に失敗しているように飼うのが難しい
魚なので軽い気持ちで迎え入れてしまって少し反省しているところです。
(って、もちろん家に迎え入れた後も元気ですよ!)

さて、暗い話もありましたが明るいニュースとしてアカヒレの稚魚が
育っています。自然と育っているのでやっぱり力強い生命力ですね。

 Aqua_20111204_06
 【アカヒレの稚魚は青く綺麗なんですよ!】

アピストのペアの水槽を最近掃除したので少しだけ綺麗になったの
ですが、隠れ場所が少なくなってしまったので、アピストのオスが
プレコを突っつくんですよね。プレコが堅い鱗に覆われているので
大丈夫みたいですが、60cm水槽のアピストと言い、この攻撃性は
混泳を考えるに当たって厄介な点です。

 Aqua_20111204_05
 【アピストのペアはのびのびとしています。】

 Aqua_20111204_07
 【タイガープレコも一回り大きくなりました。】

だたアピストのメスもプレコも痩せてはいないので今のところは
大丈夫そうですね。

全ての水槽にヒーターを入れて、冬支度は準備OKですが、
先の病気の事もあり暫くは60cm水槽の状態をしっかり見守る
必要がありそうです。
(って自分の風邪を治すのがまず第一ですけどね(^^;; ああ熱っぽい)

|

« アクアリウム:最近の水槽の様子 | Main | 皆既月食をハッキリ見たのはこれが始めてかも?! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アクアリウム:最近の水槽の様子 | Main | 皆既月食をハッキリ見たのはこれが始めてかも?! »