« アピストグラマ・パンドゥロ | Main | 祝 アピストグラマ・パンドゥロのペアが早くも巣作り産卵へ! »

March 06, 2011

魚の治療はほんと難しいですね。

今日のテトラオドン・ミウルスのレッドはクリルを食べてくれて
大分回復している感じです。

 Aqua_20110306_01
 【回復してエサを食べるようになったレッド】

白点病の白点も収まって一週間以上経つので、再感染の
サイクルからは脱したようです。あと一週間は様子をみて
元の水槽の仕切り具合もあるので様子を見ながら水槽に
戻そうと思います。(結構療養タッパーでの飼育も見た目ほど
悪くないのかもしれませんが・・(汗)

すっかりアピストグラマの住み家となっているレグラス350
水槽ですが・・同居のアカヒレの数匹の尾びれが大きく
傷ついていることを確認。 間違いなく犯人はアピストグラマ
の二匹。特に初めは臆病だったメス側が最近攻撃的になって
いて、アカヒレを追い回している姿を見ていましたので確信が
もてます。

このままではアカヒレが可哀想なので、他の水槽につけてある
サテライトLに避難することにしました。

 Aqua_20110306_02
 【尾びれをやられたアカヒレ達】

尾びれをやられていながら、今のところ皆元気なので、この場所
で自然治癒を祈って暫く療養する予定です。

大きな水槽にアピスト二匹だけというのも勿体ないのですが
水槽の中に生物のサイクルが保たれた環境を作るのは本当に
難しい!ヌマエビは食べられてしまい・・アカヒレは襲われる。
本当は水草で隠れ家ができると良いんですけどね・・・
栄養の少ない白砂と言うこともあり、水草を育てるのもなかなか
難しい面があります。

さて、先日ご紹介しようと思っていたコリドラス水槽でなんとか
イルミネータス・ゴールドの姿を撮影しました。 

 Aqua_20110306_03
 【お気に入りのコリドラスですが、、直ぐ逃げますw】

このコリドラス本当に臆病で人の気配を感じると水草の中にとても
素早く隠れてしまいます。よなよな暗くなってから遊びに出てくる
感じでまさに夜行性ですね。 夏の終わりの大惨事後にリトライした
コリドラスですが、お陰様で最近は落ち着いていてウィローモスだらけ
の水槽で元気に暮らしているようです。 ある程度月日が経過して
水槽が落ち着いてくると、定期的な水替え以外はあまり人間が環境に
手を出さない方が良いようですね。 水槽はウィローモスとショートヘア
が生い茂り、手入れをしていない薮庭のようになってます。
見た目がアレなんですが・・コリドラスのことを考えると現状維持が一番。
う〜ん難しい!

|

« アピストグラマ・パンドゥロ | Main | 祝 アピストグラマ・パンドゥロのペアが早くも巣作り産卵へ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アピストグラマ・パンドゥロ | Main | 祝 アピストグラマ・パンドゥロのペアが早くも巣作り産卵へ! »