« テトラオドン・ミウルス (レッド)の療養経過&アピスト紹介 | Main | 魚の治療はほんと難しいですね。 »

March 05, 2011

アピストグラマ・パンドゥロ

今日はちょっと早起きして朝から水槽の水替えです!
先日紹介した New Face アピストグラマ・パンドゥロ。
熱帯魚にしては珍しくフグの様に人なつっこい種のようで
カメラを向けると興味津々と近づいて来ます。

 Aqua_20110305_01
 【かなりメスっぽいオス(と信じてます)は綺麗な尾を持ちます。】

 Aqua_20110305_02
 【当初は鰭がボロボロだったメス かなり落ち着いて来ました。】

おかげで撮れるのはアップな姿ばかりなのですが
今の水槽に大分慣れたのか、ボロボロだった鰭が
かなり回復しています。(^o^)
以前までは一方が追い回す感じでしたが、こちらも二匹で
落ち着いたようでアピスト同士で追い回すことがかなり
減った様に見えます。(アカヒレには依然攻撃的ですが・・)

 Aqua_20110305_03
 【以前ならば追いかけ回していたのですが・・】

 Aqua_20110305_04
 【ここ最近は二匹が近づいても喧嘩しなくなりました。】

以前の様に水槽に仕切りを設けてナイルフグのレッド・ミウルスを
この水槽に戻そうと思っているのですが、なかなか白点病からの
復帰の判断ができずそのままにしています。
もうちょっとは様子見ですね

|

« テトラオドン・ミウルス (レッド)の療養経過&アピスト紹介 | Main | 魚の治療はほんと難しいですね。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テトラオドン・ミウルス (レッド)の療養経過&アピスト紹介 | Main | 魚の治療はほんと難しいですね。 »